ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 曇り空でも「清瀬金山緑地公園」はやっぱり大人気

<<   作成日時 : 2009/09/19 23:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

画像ここ「清瀬金山緑地公園」は、1986年に造られ、1988年には第4回都市公園等コンクールで「建設事務次官賞」を受賞した華々しい経歴を持っています。

広さは約1.8haで、園内にはケヤキやサクラ、ウツギなど様々な樹木のほか、クマザサなどの各種野草が植えられ、芝生スペースもあります。

またを飼育中というせせらぎがあって、そばには東屋も。

画像が飛び交う時期には、この東屋から幻想的な光景を鑑賞できるのかもしれませんね。

せせらぎの水は、公園中央の花菖蒲などが植わっているに流れ込んでいます。

池には大きなコイやカメがいますが、「釣り禁止」の看板があちこちに立っているので、さすがに釣りをしている人の姿は見ません。

もっとも、タモ網で小魚やエビなどを捕まえている子供たちの姿は見かけますが・・・。

この公園の大きな特徴のひとつは、川に隣接していて、公園と川の行き来ができるようになっているということでしょうか。

画像公園の隣を流れる柳瀬川は、柳瀬川としては珍しく比較的大きな河原スペースがあります。

今日はあいにくの曇り空でしたが、やはりここの河原にはバーベキューをはじめとするアウトドア派のグループが数多く来ていて賑わっていました。

夏場だと水着で川に入って遊ぶ子供たちの姿を見かけるのですが、さすがにこの時期になるとそうした光景は見られません。

車道を挟んだ公園の向かい側には駐車場があります。

画像こちらも料金は無料なのですが、残念なのは停められる台数があまり多くない点。

無理をすれば40台程度まで停められそうですが、夏場のピーク時などはあっという間に埋まってしまいます。
今日は14時過ぎに訪れたのですが、それでも空いていたのは3台分程度でした。

なお、駐車場の東側には「金山調節池」といって、大雨の時に柳瀬川の水を一時的に流入させて氾濫を防ぐための湿地帯があります。

画像湿地帯といっても沼のような感じではなく、水の透明度も高くとてもきれいな印象です。

こちらもちょっとした自然公園のようになっていて、散策路が湿地帯の中を巡っており“癒しの空間”といった感じです。

犬の散歩をしているご夫婦や、タモ網でザリガニなどを捕まえている親子の姿を見かけると、なんともほのぼのとした気分にさせてくれます。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
初夏の金山緑地公園
いいお天気に誘われて、久々に金山緑地公園(2009年9月19日分に記載)にまで足を延ばして見ることに。 夏間近といった感じがそこかしこから伝わってきます。 ...続きを見る
ぶらり所沢ニュータウン
2010/05/29 01:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
曇り空でも「清瀬金山緑地公園」はやっぱり大人気 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる