ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 食べられても“成し遂げる”カマキリのオス

<<   作成日時 : 2009/09/29 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像ある初夏の昼下がり

無数のものすごく小さな虫が、部屋の中のあちこちで歩き回っています。
「なんだろう?」と思ってよく見ると、小さいながらも全てカマキリの形

そういえば去年の秋、飼っていたカマキリが飼育ケースの中で産卵し、そのままその飼育ケースを部屋の片隅に置いておいたことを思い出しました。

慌てて部屋の片隅に目をやると、その飼育ケースのふたの網目部分から、次から次へと小さなカマキリたちが出てきているではありませんか。

画像その後、母と2人で大騒ぎしながら、てんてこ舞いで処理に追われた子供の頃のことを、カマキリを見ると懐かしく思い出します。

さて、カマキリというと、交尾の後“メスがオスを食べてしまう”ことで有名ですが、必ずしも毎回ではないようで、むしろ野外での観察例では、大概は食べられずに済んでいるそうです。

しかしその一方で、私が子供の頃飼っていたカマキリは、“有名な話”を裏付けるようにメスがオスを食べていました。
ただし、交尾が終わった後ではなく“最中”でしたが・・・。

画像不思議というか感心してしまうのは、頭を食べられた状態でもオスはしっかりと“コト”を成し遂げていたことです。

自分の遺伝子を残そうとする“本能の働き”が、そうさせるのかもしれませんね。

とっても切ない気はしますが。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
食べられても“成し遂げる”カマキリのオス ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる