ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 見慣れない蝶「アカホシゴマダラ」

<<   作成日時 : 2009/09/07 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

見慣れない蝶が林の間を縫うように飛び回っていました。
大きさはアゲハチョウよりちょっと小さめで、飛び方は優雅にはばたいて時々滑空するような感じです。

しばらくするともう1匹(専門家は“匹”ではなく“頭”と数えるそうですが・・・)やってきて、2匹でじゃれあうように飛び回り始めました。
画像ちょうどその時、息子が持っていた魚捕り用のタモ網で捕まえたのが、この写真です。

捕まえてからじっくりと見てみましたが、やっぱり見たことのない蝶で名前なども分かりません。
写真だけ撮って、2匹とも逃がしてやりました。

家に帰ってから早速、息子の昆虫図鑑で調べてみると、「アカホシゴマダラ」という蝶にとてもよく似ていることが分かりました。

ただしちょっと引っかかったのは、「国内では“奄美諸島”に分布」と記載されていた点です。
分布エリアが奄美諸島となると、「ツマグロヒョウモン(9月5日分に記載)」以上に南方系の種類ということになります。

「またまた地球温暖化の影響か!!」と思ったものの、念のためほかの文献も調べてみることに。

すると、どうやらこの「アカホシゴマダラ」に関しては、温暖化の影響とばかりはいえないことが分かってきました。

21世紀に入ってから神奈川県の鎌倉市あたりを中心に突如姿が目撃されるようになり、蝶マニアの放蝶がその原因ではないかと疑われているらしいのです。

画像今では、鎌倉はもとより、東京、埼玉にまで生息地を広げているという報告もあるそうです。

なお、関東で数を増やしつつある「アカホシゴマダラ」は、生態観察によれば奄美産ではなく中国の温帯域で生息していた種の「アカホシゴマダラ」である可能性が高いとのこと。

同じ温帯に属する日本国内でも食草さえあれば繁殖は可能なため、関東地方で見かける「アカホシゴマダラ」に関しては温暖化とはあまり関係がないとのことでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
所沢カルチャーパーク
ここ「所沢カルチャーパーク」は、所沢市の公園課が管理している公園のようです。 定休日は、市が運営する施設としては珍しく「水曜日(祝日の場合は翌日)」で、月曜日ではありません。 開園時間は9時から16時までで、40台(内、身障者車両用が2台)停められる駐車場の入口も16時以降は閉ざされてしまいます。 もっとも、閉園後でも「原っぱ広場」では遊ぶことが可能で、夏場などは19時頃まで子供たちのにぎやかな声が聞こえてきます。 ...続きを見る
ぶらり所沢ニュータウン
2009/12/03 01:03
花菖蒲の名所として知られる「北山公園」
東村山市内にある「北山公園」は、八国山緑地の麓に広がる約2万9千平方メートルの都市公園です。 八国山をはじめこの辺り一帯は、あの「となりのトトロ」の舞台となった場所としても知られています。 ※写真奥に広がる丘陵地帯が八国山緑地。 ...続きを見る
ぶらり所沢ニュータウン
2014/05/19 23:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
見慣れない蝶「アカホシゴマダラ」 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる