ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 投げ与えたエサを空中でキャッチして食べるユリカモメ

<<   作成日時 : 2009/12/01 23:52   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像神田川に架かる橋の欄干に人だかりがしていたので、何事かと思って近づいてみると・・・無数の「ユリカモメ」が辺りに群がって飛んでいるのでした。
見れば、何人かの人がパンをちぎって投げ与えているのです。
それを、「ユリカモメ」が上手に空中でキャッチして食べているのでした。
人慣れしているのか、かなり近づいても逃げるそぶりは見せません。

画像※エサを上手に空中キャッチするユリカモメ。

見た目の優しく可憐な印象とは裏腹に、かなり傍若無人な振る舞いも目につくのがこの「ユリカモメ」。
かつては、銀座で「カラス」とゴミ収奪戦を繰り広げたこともあるほど。
白と黒の鳥がゴミにたかって乱舞している様子は、なんとも異様な光景だったのではないでしょうか。
そんな「ユリカモメ」ですが、なんと“東京都の鳥”という意味の「都鳥(トチョウ)」に指定されています。。。

画像※パンをちぎって投げ与える人。

ちなみに、万葉集などの古典に登場する「都鳥」(「トチョウ」ではなく「ミヤコドリ」と読みます)とは、この「ユリカモメ」のことだと考えられているそうです。
なおゴミ収奪戦については、現在は、ゴミの収集法を変えるなどしたため、また「カラス」の天下になっているそうですが。。。

画像※足やくちばしの色が赤く、翼も白い部分が目立つようになった「成鳥冬羽」のユリカモメ。人慣れしているのか、かなり近づいても逃げるそぶりは見せません。

「ユリカモメ」は、日中は神田川や隅田川など川伝いに海から離れた内陸部にまでやってきますが、夜は海に戻って休むそうです。
海の方が、天敵が少なくて安心できるのかもしれませんね。

画像※こちらは「第一回冬羽」のユリカモメ。足やくちばしの色がまだ赤ではなくオレンジ色です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
投げ与えたエサを空中でキャッチして食べるユリカモメ ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる