ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ホテルニュー塩原」に宿泊

<<   作成日時 : 2010/01/06 23:59   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の続きですので、書かれている内容は1月4日のものになります。
「木の葉化石園」を出て、向かったのが1月6日まで2泊3日でお世話になる「ホテルニュー塩原」さんです。
画像

建物はメインとなる「西館」のほかに、「B&H館(ビューティーアンドヘルシー館)」「湯仙峡(ゆーせんきょう)」があり、それぞれの館は「西館」とつながっています。
※メインエントランスがある「西館」のフロント前のロビー。
画像

私たちが泊まったのは「西館」の6階にある和洋室でした。
畳部分だけでも10畳あって、家族4人でゆったりと過ごすことができました。
画像

箒川に面したお部屋は、窓からの眺めもなかなか素敵でした。
※お部屋の正面の景色。手前の建物が「湯仙峡」です。
画像

※箒川の上流の様子。時おりシラサギが舞っている姿も。
画像

※箒川の下流方向の様子。
画像

夕食までかなり時間があったので、温泉に行くことにしました。
お風呂はすべて源泉かけ流しで、源泉の温度は60℃だそうです。
館内には全部で15のお風呂があるそうですが、その中でももっともお風呂の数が多い「湯仙峡」にまずは行くことに。
「湯仙峡」へは「西館」のB1Fから箒川にかかる渡り廊下「虹のかけ橋」を通って向かいます。
※「虹のかけ橋」への入口。
画像

なお「湯仙峡」は、土足やスリッパは禁止で、素足か靴下のみ通行可となっているため、かけ橋を渡った先の入口で履物を脱いで入ります。
※かけ橋内はかなりひんやりとしています。
画像

※「虹のかけ橋」を外から見た様子。「・・・虹」!?ですか。。。
画像

ちなみに、かけ橋を渡った先の左下に見えるのが男性用の露天風呂です。
女性用の露天風呂は男性用のすぐ隣にあるのですが、男性用とは異なり外からは見えない構造となってます。

夕食は18時からで、場所は1Fにある「オーロラ」という大きなコンベンションホールでした。
画像

バイキング形式で、カニやお寿司、てんぷらなどのほか、各種点心やふかひれスープ、地元の食材を使った田舎料理まで和洋中とバラエティに富んだ内容で、大満足でした(^_^)
画像

お部屋の冷蔵庫が、有料のドリンク類が入っているタイプだったので、買ってきたペットボトルのドリンク類は、氷点下にまで冷え込む外のベランダに出しておきました。
夜、それらを取りに行った際に撮影した夜景がこの写真です。
※箒川の上流方向。オレンジの照明が川面にキラキラと反射して素敵な眺めです。
画像

※箒川の下流方向の様子。青白い照明が雪に反射して幻想的な雰囲気を醸し出しています。
画像

寝たのは0時近く。
寝る間際までトランプやUNOなどをして遊びました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ホテルニュー塩原」に宿泊 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる