ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 川の上に境内がある新光寺

<<   作成日時 : 2010/03/19 23:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新光寺は、1193年(建久4年)に源頼朝が那須野へ鷹狩りに行く途中、昼食をとるために幕舎とした地に建立されたそうです。
画像

また1333年(元弘3年)には、新田義貞が鎌倉攻めの途上に必勝祈願をしたともいわれていて、歴史を感じます。
なおご本尊は聖観世音菩薩で、行基菩薩の作といわれているのだとか。
画像

山門は、竜宮門形式の楼門となっています。
ちなみに竜宮門とは、1階部分が漆喰塗籠めとなっている袴腰の門のことで、絵本に描かれている竜宮城で見たことがあるという方も多いのでは。
画像

例年4月18日には「観音まつり」が行われ、その昔は「馬のまつり」としてよく知られていたのだそうです。
かつては馬が唯一の交通機関だったため、その馬への「尊敬心」「慰労」「交通安全」を祈願して行われていたもので、実際に馬が本堂の周りを回ったそうです。
この時期には境内のしだれ桜も見ごろを迎え、隠れたお花見スポットにもなっているとのこと。
画像

この新光寺の境内の下には、暗渠化された東川が流れていて、門前からその流れが地上に顔を出します。
画像

水質は、かつての高度成長期に比べればかなりきれいになったとはいえ、まだ決して“清らか”とまではいえません。
それでも、放流されたコイなどが泳いでいたりして、住民の川への水質浄化意識を高めるような施策も行われているようです。
画像

門前には、かつて源頼朝や新田義貞も通ったといわれる旧鎌倉街道を示す石柱も。
6〜7世紀も前の道が、未だに残っていることに感心します。
画像

もっとも、かつては群馬まで続いていたこの旧鎌倉街道も、今はこの新光寺の前で途切れていてその先には民家が建ち並んでいます。
宅地造成や再開発等によって、姿を消してしまったのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
川の上に境内がある新光寺 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる