ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 狭山湖外周道路から「スポット3(湿性植物の里)→いきもの湿地」へ

<<   作成日時 : 2010/03/03 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

狭山湖(山口貯水池)の北岸に、14〜15世紀ごろに建てられた「根古屋城」というお城の跡があるとのことだったので、見てみたいと思い自転車で行ってみることにしました。
狭山湖外周道路沿いにあるようだったので、道なりに自転車を走らせてみたのですが・・・。
※砂利道と舗装道路が混在するとても走りにくい狭山湖外周道路。
画像

いくら走っていても湖側にはフェンスが続くばかりで、城跡らしいものはおろか案内板すら出ていません。。。

しばらく走っていると「トトロの森4号地」という立て看板が目に留まりました。
この「トトロの森4号地」は、狭山丘陵の自然環境維持を目的に「トトロのふるさと基金」が2001年5月23日に取得したもので、財団法人トトロのふるさと財団が管理運営しています。
ちなみに取得にかかった費用は約820万円だそうで、広さは1173平方メートルとのこと。

なお「トトロの森」は現在11号地まであって、広さも3935平方メートルあるものから92平方メートルと小さいものまであり、そのいずれもが所沢市内にあります。
画像

「トトロの森4号地」を過ぎたあたりに「スポット3(湿性植物の里)→いきもの湿地」と記された道標があったので、「根古屋城」を諦めてそちらへ向かうことに。
画像

自転車で走るような道ではないのでしょうが、緩やかな下り道だったこともあり、あまり苦労することもなく走ることができました。

途中、道は二股に分かれていて、一瞬どちらに進んだらいいのか迷いましたが、湿地があるとしたら“より低い場所のはず”と考えて、さらに下ってゆく右側の道を進みました。
※途中にあった石碑。この森には名前が付けられていたのですね。
画像

ほどなくして、湿地帯へ。
観察デッキ用としてなのか、湿地沿いには木道も設置されていました。
画像

辺りには野鳥の鳴き声のほかに、「34!、35!、36!」などという大きな掛け声が・・・。
かなり森の奥深くまで入ったように思っていたものの、実際には森の端だったようで、すぐお隣には早稲田大学のグラウンドがありました。
掛け声は運動中の学生たちから発せられるものでした。
※木々の向こうにグラウンド用のナイター照明設備が。
画像

今来た道を戻るのもどうかと思い、さらに先へ進んだのですが、これが大変!
上りの階段と急斜面しかなく、サドルにまたがることなどもってのほかで、押すだけならまだしも、持ち上げたり担いだりで写真を撮る余裕など一切ありません。。。(^_^;
画像

森を出た頃にはバテバテで、ひたすら家を目指してペダルを漕ぐことに。。。(TT)
道を下り切ったら、後に残るのは当然上り道となるんですよね。
あらためて実感した次第です。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
狭山湖外周道路から「スポット3(湿性植物の里)→いきもの湿地」へ ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる