ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 紀元前に創建された中氷川神社

<<   作成日時 : 2010/05/03 21:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

自転車で走っていると、目の前の道路を小さな細長い生き物が横切って行くのが目に入りました。
自転車を停めて、横切って行った先を見ると、そこにあったのは「中氷川神社」
画像

横切って行った生き物は、こちらの「ニホントカゲ」
短い舌をペロペロと出し入れしながら、参道横の植え込みの周りを這い回っていました。
画像

せっかくなので、神社にも立ち寄ってみました。
「中氷川神社」の名前の由来は、社記によれば、“大宮にある武蔵野國一の宮の「氷川神社」と奥多摩にある「上氷川・奥氷川神社」との中間にあるから”とのこと。
命名からして二番手というかサブっぽいのが気になりますが、由緒は古く紀元前の崇神天皇の朝に創祀されたといわれているそうです。
画像

その真偽はともかく、平安時代に編纂した延喜式神名帳には記載されているということなので、少なくとも1000年以上前からあったことだけは確かなようです。
なお「中氷川神社」は所沢市内に2社あって、この山口地区のほかに三ヶ島地区にもあります。
境内はきれいに手入れされていて、社務所や水盤のほか倉庫などがありました。
画像

本殿はさらにその上に続く階段の先で、階段の途中には金刀比羅神社の社殿が。
※質素な感じの造りの金刀比羅神社の社殿。
画像

階段を登りきると、すぐ目の前に「中氷川神社」の拝殿がありました。
1999年に改修された拝殿のすぐ後ろに、1927年(昭和2年)に造営された本殿があります。
※金刀比羅神社の社殿とは対照的なきらびやかな印象の中氷川神社の拝殿。
画像

左側にもお社がいくつか建っているのが見えたので行ってみました。
あったのは稲荷神社和魂宮で、道はさらにそのまま山道(!?)へと続いていました。
気になったので、ちょっとだけ歩いて見ることに。
※山道から和魂宮方向を見た様子。
画像

山道の途中にナント消火栓が。
「なんでこんなところに?」とは思ったものの、消火栓の扉に落書きの跡があることなどを考えると、タバコの火の不始末から山火事が起きないともいえないのでしょうね。
神社には宝物類もあることでしょうし・・・。
画像

山道を登りきった先の一段と小高い場所にあったのが、藤棚とベンチ
この時期なら藤の花が咲いていても不思議ではないのですが、背の高い木々に遮られて日がほとんど当たらないせいか、花はおろか蕾すら見当たりませんでした。。。
画像

もともとは、この場所は見晴らしが良かったのでしょうね。
かつてなら、今の季節は満開の藤の花の下で景色を楽しめたのかもしれませんが、今ではこんな感じに。。。
でも、木の間越しに吹き抜けてくる風は心地良かったかも(^^)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
紀元前に創建された中氷川神社 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる