ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 声はすれども姿は見えず・・・

<<   作成日時 : 2010/07/16 23:59   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「チー」とも「ニー」とも聞こえる、ややくぐもった鳴き声を聞かせてくれるのはニイニイゼミ
この辺りでは最も早く鳴き始めるセミです。
鳴き声もそうですが見た目も地味で、木の枝に止まっていてもよく見ないと樹皮と見間違うほど
画像

よっぽど保護色に自信があるのか、相当近づいても逃げずにじっとしています。
大きさはアブラゼミミンミンゼミと比べるとかなり小さくて、全長は2〜3cm程度
また、低い枝に止まっていることも多いので、姿さえ見つけてしまえば観察は比較的簡単かも。
画像

なお、ニイニイゼミの抜け殻は、ひと目で他のセミの抜け殻とは区別できます。
こちらがその抜け殻ですが、小さいだけでなくもれなく土まみれになっているためです。
これは、ニイニイゼミの幼虫が湿った土壌を好んで生息しているからなのだとか。
画像

ちなみに、あの有名な一句「閑さや 岩にしみ入 蝉の声」のセミは、このニイニイゼミといわれているのだそうです。
確かに、沁み入りそうな控えめな鳴き声な気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
声はすれども姿は見えず・・・ ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる