ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS アリ地獄の思い出

<<   作成日時 : 2010/08/27 23:58   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 4

狭山丘陵の一角で見つけたのがこのアリ地獄
あまりにもたくさんのアリ地獄があるのにちょっとびっくり!!
画像

子供の頃、アリ地獄の“主”を捕まえてきて飼っていたことがあります
砂を入れた飼育ケースにその“主”を入れると、後ずさりをしながら円を描くようにして徐々に砂の中へもぐっていきました。
画像

すぐにすり鉢状のアリ地獄ができるものと思ってしばらく見ていたのですが、その後は何の動きもなく、結局、見続けることに飽きてしまったのでした。

翌朝、飼育ケースの中には立派なアリ地獄ができているのを見て、ちょっと複雑な気持ちになったものです。

それからしばらくは、マメにエサとなる生き物を捕まえてきてはアリ地獄に落として、食餌の様子を観察していました。
ただ、冬が近づくに連れてエサの確保が難しくなり、エサを与える回数も減り、いつしかアリ地獄の存在そのものも忘れることに。。。(^^;

翌春、砂がいっぱい入った飼育ケースを部屋の片隅で発見!
中を覗くとすり鉢状のアリ地獄がありました。
画像

試しにエサを捕まえてきて与えてみると、砂の中から“主”の姿が。
2か月近くエサを与えていなかったにもかかわらず、以前と変わらない雄姿(!?)を見せてくれました。

それからは、またマメにエサを捕ってきては与えるようにしていたのですが、しばらくすると全く食べないようになってしまいました。

食べないようになると薄情なもので、またしてもアリ地獄の存在を忘れてしまい、それからしばらくしたある日のこと。
飼育ケースを覗くとアリ地獄がなくなっていて、片隅にトンボの死骸が。。。
「なんでトンボが???」と、よく分からないままケースのふたを開けて、中からトンボの死骸を取り出して見たのですが、トンボに似ているけれどそれはトンボではありませんでした。

昆虫図鑑で調べてみて、その時に初めてアリ地獄の“主”は幼虫で、その成虫がこの一見トンボのような昆虫の「ウスバカゲロウ」だということを知ったのです。
小学二年の初夏のことでした。

それにしても、「薄馬鹿下郎」とはなんてひどい名前なのだろうと思ったものでしたが、よく調べてみると薄い翅の蜻蛉という意味の「薄翅蜻蛉」でした。
もっとも、カゲロウとは分類学上は遠い関係にあるそうですが。
画像

アリ地獄を見てふとそんな遠い日の記憶を思い出し、ちょっと感傷的になってしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウスバカゲロウ
夜道を歩いていると、ひらひらと頼りなく飛んでいた何かが私の服にとまりました。 一見するとトンボのようにも見えるこの昆虫の名前は、ウスバカゲロウです。 ...続きを見る
ぶらり所沢ニュータウン
2011/07/31 23:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます とんびさん
蟻地獄 子供の頃見たことあります。
主はもちろんのことその成虫がウスバカゲロウ
(薄馬鹿下郎は笑えます)でしたなんて全く
知りませんでした。
生き物博士さんのレポート ナイスでした
蛹の時期もあったんでしょうか?
思い出を共有させて頂きうれしく思いました。
primrose
2010/08/28 06:23
とんびさん、こんばんは。とんびさんは、やっぱり昆虫博士なんだな〜と改めて思いました。ネネは、蟻地獄すら知らないのに、そのうえ、ウスバカゲロウなんて、未知の世界でした。しかも、手の上に乗せてるしぃ〜ほんとに勉強になります
ネネ
2010/08/28 21:44
primroseさん、こんばんわ。
アリ地獄って、私も子供の頃は家の縁の下でよく見かけたものでしたが、最近はめっきり見なくなりましたね。

さて、ご質問の蛹の時期ですが、おそらく餌を食べなくなった時期が蛹だったのではないかと思います。
“モノの本”によれば、砂で球形の繭を作るそうです。
それを当時知っていたら、きっとほじくり返して探していたことと思います(^^;
とんび
2010/08/28 23:53
ネネさん、こんばんわ。
昆虫嫌いの方にとっては見るに堪えないようなお写真で、本当に恐縮です(^^;
私の場合は、昆虫をはじめ生き物全般が大好きなのですが、どうも子供達にはその辺りは全く遺伝しなかったようで、家族中で私一人だけ浮いた存在です。。。(^^;

ところで、今や普通に生活をしていると、アリ地獄にはお目にかかれなくなっているので、ネネさんに限らずご存知ない方も多いのではないでしょうか。
私が子供の頃(30年くらい前のことですが。。。)には、たいがいのお宅にあった“縁の下”でアリ地獄をよく見かけたものですが・・・。
今の我が家もそうですが、最近のお宅にはそもそも縁側自体がないんですよね。
そんなわけで、我が子たちにとってもアリ地獄は珍しい存在になってしまっています。
とんび
2010/08/29 00:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アリ地獄の思い出 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる