ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の味覚(!?)を食べてみました

<<   作成日時 : 2010/09/25 23:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

関越自動車道の側道沿いのフェンスには、ノブドウが絡みついて生えています。
画像

そんな中、明らかにノブドウとは異なる実が生っているのが目に入りました。
「ヤマブドウ???」
ヤマブドウは、あまり街中では見ることがないといわれている植物なのですが…
画像

ちょっと実をつまんで口に含んでみました。
酸味が強く甘みはあまり感じないものの、それはそれで結構美味しいかも(^^)
もっとも、実の大きさの割に種が大きくて、可食部分はほとんどありませんが。
画像

食べられないといわれているノブドウの実の方も、試しにちょっとつまんで口に含んでみました。
噛むと、まずは甘みが口の中に広がり「おやっ、なかなか美味しいかも…」思ったのもつかの間、すぐにそのあとからなんとも言えない青臭さが。。。
全く酸味は無いのですが、この青臭さには“ちょっと”というより“かなり”「・・・」でした(^^;

ちなみに、毒は無いと書かれた文献がある一方で、有毒と記載のあるものも。
実際のところはどうなのでしょうか???
※ノブドウの実。
画像

一応、家に帰ってから本当にヤマブドウの実だったのかどうか、ちょっと調べてみました。
すると、どうやらヤマブドウではなくてエビヅルだったらしいことが分かりました。
エビヅルもヤマブドウと同じブドウ科ブドウ属の植物で、実は食べられるとのこと。

なお、ノブドウは同じブドウ科でもブドウ属ではなくノブドウ属で、よく見ると実の付き方もブドウ属とは異なり房状にはなりません。
ちなみに、市販されている各種のブドウはすべてブドウ属で、ヤマブドウやエビヅルと同じ仲間なのだそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
いろいろなブドウのことがよくわかりました。
ありがとうございます。
とんびさん なかなかのチャレンジャーですね。
実を食べてみますなんて。。。(笑)
ノブドウはブドウタマバエなどの幼虫が寄生して
虫こぶをつくり そのためきれいな色になったり
形が変形するようです。
ノブドウ それはきれいな色ですね。
機会がありましたら 宝石のような色(笑)に
なったノブドウ 見せて下さいね。
primrose
2010/09/27 06:13
こんばんは!
関越のフェンスに生っているモノを食べるなんて、チャレンジャーですね?!(^^;;
でも、青臭さはキツいでしょうね(笑)
食べてみないと分かりませんが・・・
ただ、ノブドウを食べるのは勇気がいりそうですね(^-^)/
おやじとオヤジ
2010/09/27 20:51
primroseさん、こんばんわ。
私がチャレンジャーだったことに、指摘されるまで気が付きませんでした(^^;
かつて我が家では、ご近所に生えていたキノコや河原で捕まえてきたイナゴを食卓に出したこともあるのですが、それも今思えば、“私のチャレンジ精神(!?)”に家族が巻き込まれていたということなんですね。。。
かわいそうな我が家族です…

それはそうと、ノブドウはまだ白っぽい色合いのものが多かったようです。
“宝石のような色”になるのはもう少し先のことなんでしょうね。
その頃にまた、ご紹介できたらと思います(^^)
とんび
2010/09/28 00:48
おやじとオヤジさん、こんばんわ。
確かに、よ〜く考えてみれば“チャレンジャー”ですよね。
って、よ〜く考えなくても“チャレンジャー”なんでしょうが…(^^;

私の場合、あまり勇気が必要とは感じないまま“ノブドウを口にしてしまった!!”のですが、チャレンジ(!?)して二日以上経った今分かったことは、「もう少し思慮深くならなければ…」ということなのかも。。。(^^;
とんび
2010/09/28 01:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋の味覚(!?)を食べてみました ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる