ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 中華料理で使われている油って…

<<   作成日時 : 2010/11/01 23:59   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

お昼は妻と二人で西友花園店のすぐ隣にある「中国小料理 祥龍房」へ。
私は、前に来た時も注文した「鶏肉のトウチ炒めのセット」(680円)を、妻は「レタス入り五目チャーハン」(600円)をチョイス。
画像

従業員はすべて中国人(…と思われます)なので、味付けは結構本格的です。
ホールスタッフも片言の日本語は話せるので、意思の疎通に困るほどのことはありません。

最初に運ばれてきたのが、こちらの「レタス入り五目チャーハン」。
思いのほか薄味で、しかも妻にとっては量が多かったようです。
それでも残さず食べていましたが。。。
※「レタス入り五目チャーハン」(600円)。
画像
画像

その後2〜3分程して私が注文した「鶏肉のトウチ炒めのセット」も来ました。
こちらは期待通りのお味で、大食漢の私はいつものようにご飯のお替りも。
※「鶏肉のトウチ炒めのセット」(680円)。
画像
画像

ところで、「中国では食用油として使われている油の1割が下水から採った油を使用している」と職場の大先輩から聞いたのですが、これってホント???

お味はもちろん、見た目にも普通の食用油との違いは無いのだとか。
これで害がないならエコ(かなり気持ち悪いけど。。。)と言えなくもないのですが、この「下水油」には発がん性の高いアフラトキシンが含まれており、その毒性はヒ素の100倍とも。。。

あまり細かいことには頓着しないのですが、こういうお話を耳にするとちょっと・・・
とはいえ、「日本国内にはまだ出回ってはいないだろう」とのことなので、とりあえず安心してもいいのかな・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中華料理で使われている油って… ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる