ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 30数年ぶりに天覧山へ

<<   作成日時 : 2010/12/01 22:52   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

天覧山は、飯能にある山で標高は195m
訪れるのは小学校3年の遠足の時以来なので、もう30年以上も前のこと。
画像

当時は、“山を登った感”があったものですが、この歳になって訪れてみると頂上まではあっという間なんですね。。。
※ふもとからしばらくは、なだらかな舗装された道が続いています。
画像

※見事な紅葉もあちこちで見られます。
画像

※舗装路ではなくなる辺りには東屋とお手洗いも。
画像

※「天覧山 中段」と記された先からは一応山道となりますが、かなり歩きやすいかも。
画像

途中で道は二手に分かれていました。
どちらのルートを通っても天覧山へは行けるようなので、「十六羅漢像・岩場を通って天覧山山頂」と記されたルートをチョイス。
画像

すぐに岩場があって、そこにはいくつもの羅漢像がありました。
表情も様々なのですが、ものすごく小顔の羅漢像もあったりしてあまり厳かな感じはしないかも。。。
画像

このルートは、ここから先は頂上までずっと岩場が続いていました。
小さなお子様連れだと、ちょっと辛いかもしれませんね。
画像

頂上には、しっかりとした見晴らし台が築かれていました。
※山頂の見晴らし台には登山グループが。
画像

標高195mの山とは思えないほど、なかなかの眺めが楽しめます。
空気が澄んでいれば、ここから富士山も眺めることができるようです。
※正面に富士山があるはずなのですが、肉眼でも全く見えませんでした。。。
画像

ひとしきり景色を堪能した後、先ほどとは違うもう一方のルートで下山することに。
こちらのルートは木々の間を縫って降りてゆくもので、道自体はとても歩きやすく小さなお子様でも安心です。
画像

途中、ちょっと外れたところに東屋がありました。
※周囲は木々に囲まれているので、決して眺めが良いとはいえませんが。
画像

あっという間にふもとまで降りてきてしまいました。

このあと、川遊びスポットとしてよく知られている飯能河原へも立ち寄ったのですが、そちらについてはまた明日ご紹介しますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
30数年ぶりに天覧山へ ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる