ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 滝の城址公園と城山神社

<<   作成日時 : 2011/02/05 22:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 0

滝の城址公園には、野球場やテニスコートのほかちょっと珍しいところでは土俵があります。
そのほかに、シンプルな木製遊具や広場、池なども。
※池は人工池で、水質はけっしてきれいとはいえないかも。
画像

また、公園の東の端には梅林があって、テーブルセットなども設けられています。
※テーブルセットで一休みするグループの姿も。
画像

滝の城址公園の一番の特徴は、公園の北側に壁のように続くではないでしょうか。
この崖は柳瀬川の流れがつくった河岸段丘で、その斜面一帯が竹林となっていて散策路も設けられています。
画像

この辺りはカタクリニリンソウの自生地となっていて、もう少しすると可憐な姿を見せてくれるのでしょうね。
もっとも、盗掘も絶えないようでこんな看板も。
画像

散策路を進んで行くと斜面を登りきったところには水飲み場や東屋があり、さらに進むとその先は住宅街に・・・。
2〜3分ほど住宅街を歩くことになり、ようやく見えてきたのがこちらの案内板。
画像

その案内板のすぐ後ろに滝の城堀跡があります。
画像

その堀跡に沿って進むと小高い一角があって、「三の丸跡」とのこと。
※「三の丸跡」は木が伐採されていて、やや広々とした雰囲気に。
画像

堀跡を渡った先にあったのがこちらの城山神社
社殿のある場所が「本丸跡地」です。
画像

「本丸跡地」は河岸段丘の突端にあって、ここからの眺めはなかなかのもの
※新座駅方面まで見渡せます。手前を走っている電車は武蔵野線。
画像

ちなみに社殿に使われていた注連縄が、わらなどの天然素材ではなくポリプロピレンのような人工素材だったのは意外でした。
画像

社殿の前にはお供え物としてお赤飯が置かれていました。
このお赤飯を狙っているとは思えないのですが、辺りにはたくさんのカラスの姿が。
画像

人慣れしているのか近づいてもあまり逃げることはありません。
それでも警戒はしているようで、しきりに私の方を見ては、「ゴロゴロ」とも「ハッハッハ」とも聞こえるような奇妙な鳴き声を上げていました。
画像

ここも多福寺(1月31日分に記載)と同様で、カラスのねぐらとなっているのかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
遅ばせながら「初日の出」
感動的でした。 ...続きを見る
おみおつけ
2011/03/10 00:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
滝の城址公園と城山神社 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる