ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京ドーム30個分以上の広大な雑木林「くぬぎ山」

<<   作成日時 : 2012/01/28 21:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0

我が家から自転車で15分程走ったところに、広大な雑木林地帯があります。
その広さは東京ドーム30個分以上にあたる、およそ152ヘクタール
ここは、通称「くぬぎ山」(2010年12月16日分に記載)と呼ばれている一帯で、「山」という字が付くものの全くの平地です。
画像

里山の雑木林といった雰囲気の「くぬぎ山」ですが、今から15年ほど前には林のいたるところに産業廃棄物が捨てられていたそうです。
それらを野焼きしたために高濃度のダイオキシンが発生し、連日テレビで報道されることとなった「所沢ダイオキシン騒動」へと発展していくことに。

その後、市民団体や政治家の活動などによって産業廃棄物処理施設は次々に撤退し、雑木林も下草刈りなどの手入れが行われるようになって、徐々に本来の「くぬぎ山」に戻りつつあるようです。
画像

現在、それらの場所は資材置き場などにとって代わられているようです。
時おり雑木林の中の砂利道を、資材を積んだ大型トラックが走っていきます。
画像

所沢へ引っ越してきた当時、ゴミを満載したトラックが雑木林の中へと入っていくのを見て「林の中にいったい何があるんだろう?」と思ったものでしたが、あれがその後問題となった産業廃棄物を積んだトラックだったんですね。

ただ、一部にはまだゴミの山も。
これらのゴミがどのように処分されているのかちょっと気になります。
画像

ちなみに、現在この「くぬぎ山」にはオオタカが生息しているとのことで、大規模な開発は控えられているそうです。
画像

オオタカが棲めるくらい“貴重な自然が残されている”ということなのでしょうが、さほど自然が残っていないと思える場所にも21世紀のオオタカは侵出しているようです。
実は、東京23区内のいくつかの公園で繁殖している姿が目撃されるようになったのです。
画像

都市に緑が増えたという見方もできるのでしょうが、純国産のオオタカではなく飼育していたものが逃げて棲み付いたとも考えられるのだとか。
真偽のほどは分かりませんが、いずれにせよがなくては繁殖もできないですよね。
その餌というのがドバトだそうです。

確かに、ドバトなら郊外よりも都市の方がたくさんいますし、群れでいるし逃げ足は遅いのでエサとしては打って付けかもしれません。

「オオタカが生息=貴重な自然」という図式は成り立たなくなっているのかもしれませんが、オオタカの有無にかかわらず、こうした里山の自然環境を残せていけたらいいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京ドーム30個分以上の広大な雑木林「くぬぎ山」 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる