ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の清瀬金山調節池

<<   作成日時 : 2012/03/27 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 2

金山緑地公園とは通りを挟んだ向かい側にあるのが、ここ清瀬金山調節池
すぐ横を流れる柳瀬川の洪水対策を目的に1994年に整備されたもので、東西約520m、南北約190mに渡って池と湿地帯が広がっています。
画像

ところどころに清水が湧き出していて、水はかなりきれい!!
水面にはクレソンが生い茂っていたり…
画像

黒々と蠢いている辺りを覗き込むと、ヒキガエルのオタマジャクシの群れだったり…
画像

水面の一部に、油膜が浮いたように見える箇所が。
もしかして、誰かが廃油でも捨てた???
画像

気になったのでちょっと調べてみました。
すると、犯人は鉄バクテリアという自然界にいる生物の仕業だということが判明!!
鉄バクテリアは土壌中に広く棲んでいて、繁殖の際に水面に酸化鉄の皮膜をつくるのですが、これが光に反射して油膜に見えてしまうとのことでした。

油膜でない証拠に、ところどころが開いたように見える箇所があります。
油膜は液体なので穴が開いてもすぐに塞がってしまい、こうは見えないのだそうです。
汚染物質でないと分かり、ホッとひと安心です。
画像

一方、岸辺ではカルガモが2羽、並んで羽を休めていました。
春らしい暖かな日差しの下で、仲良く日向ぼっこでしょうか(^^)
画像

なお、調節池には散策できるように小道が設けられています。
もっとも実際には、この小道は散策用ではなく調節池の管理用として設けられたものだそうですが…
画像

そんな小道の一角に、高そうなカメラとレンズを構えた一団の姿が。
この金山調節池には、カワセミがよく訪れるということでも知られているのですが、まさにそのカワセミのご登場を願う方々のようでした。
※こちらはダイサギ。優雅な佇まいですが、眼光はかなり鋭いかも。
画像

金山調節池からの帰り道、JR武蔵野線が高架線となって走るすぐそばに、見事な枝垂れ梅が咲いている一軒の大きなお屋敷がありました。
そのお屋敷の前には何台か車が停まっていて、ちょっとした人だかりに。
画像

個人のお屋敷なのにもかかわらず、この辺りでは見事な枝垂れ梅で有名だそうで、お庭にまで入り込んで多くの方が撮影されていました!!
画像

今年は例年に比べ咲くのが遅かったようで、ちょうど今が見頃を迎えているのだとか。
ホントに見事な咲き具合だったので、私も思わずギャラリーの仲間入りをすることに(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
清瀬って昔は結核患者が静養する
空気がきれいな場所でしたよね
だからクレソンが自生するんだ
びっくりとなるほど!です
オタマジャクシも
なかなか見れませんもんね
しだれ桜もきれい
とっても立派です
muchimon
2012/03/28 01:55
muchimonさん、こんばんわ。
清瀬って昔は空気が澄んでいたんですね。
今も…なのかな?
ただ、この金山緑地公園付近は自然が豊かに残されているので、確かに空気が澄んでいるのかもしれません。

それと、しだれ桜のように見えますが、実はあれ、しだれ“梅”なんですよ。
個人宅のお庭だというのに、よっぽど知られているんでしょうね。
わざわざ車で見にやって来る人がいるとは、ちょっとビックリです(^^)
とんび
2012/03/30 02:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
春の清瀬金山調節池 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる