ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 林神社

<<   作成日時 : 2012/12/21 21:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

畑と住宅が混在する所沢西部地区。
山奥でもないそんな一角に谷川が流れています。
・・・といっても、谷底を流れる渓流という意味での谷川ではなく、文字通り“谷川”という名前の河川です(^^;
画像

ちなみに読み方は“やがわ”ですが、“やつかわ”と呼ぶ人も。
その谷川にかけられた橋の一つがこちら。
画像

神橋です。
画像

神橋は皇太子殿下御成婚記念として1994年に改修されたそうで、この神橋の先にあるのが林神社
創建は16世紀半ばともいわれているそうですが、詳細は不明のようです。
画像

社屋の手前部分だけ真新しい造りになっていますが、後ろに続く社殿は・・・
なぜか、透明なビニールシートで壁一面が覆われていました。。。
ビニールシート自体は真新しいもののようですが(^^;
画像

林神社は縁結びの神社としても知られているそうで、「林神社名木 縁結びの木」なるものも。
画像

消えかかった案内板の文字といい、木の佇まいといい、あまり効力がなさそうに思えるのは気のせいでしょうか。

境内には夕日のような西日が射していますが、訪れたのは13時ちょっと過ぎ
あと3時間半で日が暮れてしまう、この時季ならではの眺めですね。
画像

境内から続く参道上には、カラスの群れが飛び交っていてちょっと異様な雰囲気。
画像

「武蔵野の林が続くことから林神社」という名称になったそうなのですが、いまでは周囲の林は畑や住宅などに置き換わり、まとまって木が植わっているのは林神社周辺の境内林などごく一部に。

この林神社の境内林が、カラスたちのねぐらになっているのかもしれませんね。
カラスは負の象徴のようにいわれることが多いのですが、その一方で、神様の使いとして崇める地域も。
画像

「カラスに注意」などという看板が出ていないところを見ると、案外ここでは、崇められこそしないまでも、人間とカラスの関係は良好なのかもしれません。
共存共栄の道が何よりですね(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
林神社 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる