ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 「びん沼川」周辺をお散歩

<<   作成日時 : 2013/10/03 22:36   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

通称「びん沼」と呼ばれている「びん沼川」
止水のように見えますが、北から南へ向かってゆっくりとした流れがあります。
※写真奥が上流で、手前に向かってゆっくりと流れています。
画像

この「びん沼川」は、かつて“荒川の本流”だったとのこと。
大正14年(1925年)に荒川の流路変更工事が行われ、その際に取り残されたいわば“人工の三日月湖”だったんですね。
※釣り人のパラソルがずらっと並ぶ「びん沼川」の岸辺。
画像

岸辺には葦や葛などに混じってブタクサセイタカアワダチソウオオオナモミなどの帰化植物が繁茂しています。
※オオオナモミの実。子供の頃、服に付けて遊んだ人も多いのでは。
画像

こちらも帰化植物のワルナスビ
茄子に似た淡い紫色の花は可憐にも思えますが、茎には鋭い刺があり、しかも生命力に富んでいて畑などに入ると根絶するのが難しい“害草”なのだとか。
「悪茄子」たる所以ですね。
画像

「びん沼川」の西側には、「びん沼自然公園」があります。
今から11年前の2002年にオープンした自然公園で、遊具は一切ありません。
画像

面積は約5.7ヘクタールとのことですが、そのうちの約2ヘクタールを葦原が占めています。
※見晴らし台からの眺め。
画像

草むらを歩くとピョンピョンとバッタが跳ねて行きます。
※茶色のトノサマバッタ。
画像

同じくピョンピョン跳ねていたのがこちら。
アマガエルです。
※跳ねた瞬間に手を伸ばしたら、なんと手の上に着地!!
画像

「びん沼川」の周辺には田んぼが広がっています。
水量が減った用水路の底にはたくさんの黒い小石のようなものが。
画像

車に積んだままになっていたタモ網を持って来て用水路の底を浚ってみたら…

小石に見えたのは全てタニシでした。
※たくさんのタニシとともにアメリカザリガニの姿も(^^)
画像

水路沿いに歩いていると、田んぼの隅に獣の脚が!!
全く動きません。
「もしかして、死んでる・・・!?」
画像

・・・と、思って覗き込んだら、むっくりと起き上がり三毛猫が訝しそうに(!?)こちらを見つめてきました。
画像

田んぼに寝そべっていたんですね。
寛ぎのひと時を邪魔してしまったようです(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「びん沼川」周辺をお散歩 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる