ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 開かれた多聞院と閉ざされた多福寺

<<   作成日時 : 2013/11/17 22:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 0

10日ほど前に多聞院を訪れた時は、まだほんのりと紅く色づき始めた程度だったのですが、かなり紅葉してきていました。
とはいえ、まだ見頃までには1週間はかかりそうな感じですが…
※色づいてきたとはいえ、まだ青葉が目に付く毘沙門堂前のヤマモミジ。
画像

いつ訪れても、境内には誰かしらかいることの多い多聞院ですが、今日はひと際賑やかだったようで…
老人介護施設の一団が、境内で記念撮影をしていました。
※数台の車でやって来たようです。
画像

一方、こちらは多福寺の境内。
周囲を広大な境内林墓地に囲まれていて、いつもひっそりとした印象があります。
画像

紅葉スポットとしての知名度は多聞院ほどではないものの、隠れた名所と言えるのでは。
※今から150年前の幕末に建てられた山門。
画像

惣門はいつも閉ざされたままで、惣門から山門を抜け本堂へと至る長い参道もほとんど人が歩かないせいか、落ち葉が散り敷かれたまま。
画像

惣門は表から見ると、木戸が閉まっているだけでなく、木戸の前にも柵が。
画像

いつも賑わいを見せている多聞院と雑木林の中にひっそりと佇む多福寺とでは、参拝者に対してのスタンスも異なるようで…
※多聞院の境内にはこんな温もりを感じるような立て看板が。
画像

中でも印象的だったのが、駐車場の看板の表現
画像

そして、こちらが多福寺の入口に掲げられていた文言です。
画像

多聞院は「御利用下さい」という“歓迎”の言葉を使っているのに対し、多福寺は「御遠慮下さい」という“拒絶”の言葉なんですよね。
内容的にはほぼ同じような主旨なのですが、それぞれのお寺の性格が表れている気がしてなりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
多聞院の紅葉は…
多聞院は、所沢界隈では紅葉の名所として知られています。 10日ほど前に訪れた時(11月17日分に記載)には「見頃まであとちょっと…」という感じだったですが… ...続きを見る
ぶらり所沢ニュータウン
2013/11/28 21:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
開かれた多聞院と閉ざされた多福寺 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる