ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 線路があった!?

<<   作成日時 : 2014/04/24 22:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

私が所沢に引っ越してきたのが1992年6月
もう、20年以上も前のことなんですね。
なんか、あっという間だったような…

当時の新所沢駅はホームが一つで、それもやたらと大きなホームでした。
現在の形に変わったのは1996年のこと。
※現在の新所沢駅のホームの様子。
画像

ちなみに…
この場所に駅ができたのは1951年(昭和26年)だそうで、当初駅名は新所沢ではなく北所沢だったそうです。
新所沢に駅名が変わったのは1959年(昭和34年)2月1日
※現在の新所沢駅東口。
画像

開業当時、駅周辺は「八丁山」と呼ばれる雑木林に覆われた一帯で、昼間でも薄暗くちょっと怖い場所だったのだとか。
もっとも、ノウサギが生息していたり、キノコ狩りなどもできたそうなので、豊かな自然が残されていたことの裏返しとも言えそうですが。
※大字上新井だった住所表示が、公募により「緑町」に。
画像

そんな鄙びた場所に駅を造った理由は、米軍基地に鉄道で軍需物資を搬入するため
今でも米軍基地はありますが、その当時は今より3倍以上も広いスペースを有していて、しかも現在のような通信基地としてだけではなく、主に医療用軍事物資も扱っていたんですね。
※現在の新所沢駅西口駅前の様子。
画像

米軍基地へ鉄道で搬入していた痕跡が、新所沢駅と航空公園駅の間に今でもほんの少しだけ残されています。
それがこちら。
※航空公園側から新所沢方面を見た様子。
画像

線路は複線なので上り線、下り線とも一本ずつなのにもかかわらず、よく見ると途中まで架線がなんと3本分あります。
それと、本線の脇にはあまり機能しているとも思えない引き込み用の線路も。

さらに、こちらの公園もちょっと違和感を覚えませんか?
※線路沿いの道路を遮るように設けられた弥生南公園。
画像

線路沿いの真っ直ぐな道を塞ぐような形で唐突に造られている上に、サイズも形も極めて中途半端。
※上空からの写真(Googleマップより)。
画像

もうお分かりの人もいるでしょうが、この公園の前で線路が分岐し、米軍基地へと続いていたのだそうです。
※1967年(昭和42年)頃の地図。
画像

ゆるやかにカーブしながら続くこの道路にはかつて線路があり軍需物資を積んだ電車が走っていたんですね。
画像

なお、引き込み線は航空公園駅寄りにもう1本あったそうで、航空公園駅前の団地「パークタウン」が建っている辺りへと続いていたのだとか。

現在も、所沢は依然として“基地の街”なのですが、軍人の姿が見られることは稀。
基地自体も広い草原になっていて、その草原の上をヒバリがさえずりながら飛んでいたりするのを見ると、なんとものどかな感じがします。
※広々とした草原が拡がる米軍通信基地。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
線路があった!? ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる