ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 「手打うどん あまのや」でランチ

<<   作成日時 : 2014/10/19 22:21   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

航空公園駅から歩いて5〜6分程度の場所にあるのが「手打うどん あまのや」
周囲は住宅街です。
画像

暖簾をくぐって店内に入ると、4名掛けのテーブル席が2卓と小上がりの座敷が。
店員さんから「奥にどうぞ」と言われ、見ると、靴脱ぎの先には畳敷きの広い座敷がありました。
画像

手渡されたメニューがこちら。
手書きで訂正追記がなされていて、ちょっと(というか、かなり!?)分かりにくいかも。。。
※メニューの左上に記載の「大大もり」は620円?それとも600円???
画像

「肉付」「かきあげ」が付く「サービス品」「もり」「大もり」セット900円で、個別に注文するより200円お得に。

でも・・・
なぜか「肉汁」にすると、もとのお値段は同じなのにもかかわらず100円しか安くなりません。
もっとも、「大大もり」の「肉汁」のみ120円安くなるようですが…

そんな状況にもかかわらず、「サービス品」の「肉汁」を注文することに(^^;
娘と息子が「大もり肉汁セット」(1000円)を、私は「大大もり肉汁セット」(1000円)をチョイス。
※「大大もり肉汁セット」。
画像

ちなみに、うどんの量は「もり」汁椀に1杯ちょっとで、「大もり」だと汁椀2杯分「大大もり」だと汁椀3杯程度とのこと。
※左が「大もり」で右が「大大もり」。見た目の印象はあまり変わらない気も…
画像

もちろん、うどんの量だけでなくつけ汁の量も「大もり」と「大大もり」とでは異なります。
※左が「大もり」で右が「大大もり」。こちらは見た目でも違いがはっきりしています。
画像

地粉を使っているせいか真っ白ではなくやや茶色っぽい麺で、いかにも武蔵野うどんという感じ。
画像

ただ、かなり柔らかくてあまりコシは感じられないかも…

つけ汁の「肉汁」は、甘過ぎず塩辛過ぎず豚肉の出汁もよく利いていて、ちょうどいいお味。
うどんを途中まで食べたところで「肉汁」にウズラの卵を入れると、ややマイルドになってまた違ったお味が楽しめます。

「かきあげ」は、テーブルに備え付けの天ぷら用の付けダレで食べてみました。
付けダレは天丼用のタレのようで、かなりお味は濃いめ。
「かきあげ」自体は、桜エビの風味が程良く出ていました。
画像

ところで・・・
セットで付いてくる「肉付」とはいったい何???
店員さんによれば「豚肉を煮たもの」とのことですが…
画像

見るからにお味が濃そうな感じですが、食べてみるとほんのり甘い味付けで思ったほど塩辛くはないんですね。
食感も柔らかく、子供からお年寄りまで安心して召し上がれそうな一品でした。

食べ終わって、分かったことが一つ。
お店の外にこんな看板が出ていたのですが、なぜ「大もり肉汁」がわざわざ2行に渡って書かれていたのか気になっていたんですよね。
画像

もともとは、左端の「大もり肉汁」は「大大もり肉汁」だったんですね。
それが、「大大もり肉汁」だけ620円になってしまったため、苦肉の策として“大”の文字を一つだけ消したということのようです。

食べ終わってお店を出たのは13時半過ぎ。
所沢市内には、まだまだこんな地方色豊かな食事処が残っているんだなあと、改めて実感した次第です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「手打うどん あまのや」でランチ ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる