ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 所沢市民フェスティバルとゆるキャラ

<<   作成日時 : 2014/10/26 23:01   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

所沢は1950年(昭和25年)市制施行し、埼玉県で8番目の市になりました。
そして、市制施行30周年を記念して1980年(昭和55年)に開催されたのが、第1回の「所沢市民フェスティバル」
以来、毎年秋に開催されるように。
※今年で35回目を迎える「所沢市民フェスティバル」のパンフレット。
画像

「所沢市民フェスティバル」は、航空記念公園で2日間に渡って行われるのですが、例年30万人以上もの人が訪れるのだとか。
画像

たくさんの出店が立ち並び、色とりどりの幟が風にはためいていました。
出店の種類も、西武線沿線ご当地コーナーなどといった地元色豊かな出店や、エスニック系のメニューを提供する出店など、バラエティに富んでいます。
画像

出店以外にも、射的ミニSLコーナー和太鼓フェスティバル消防ひろばニュースポーツ体験コーナーなど、幅広い世代の人が楽しめるようになっています。
※消防ひろば。「消防団入団促進キャンペーン」も併せて行われているようです。
画像

普段は見ることができないのが、この格納庫の中。
※無料で見学することができます。
画像

展示されているだけでなく、機内に入ることもできるんですね。
こちらは、1962年初飛行という旧ソ連製の輸送用双発タービン・ヘリコプター
画像

機内はこんな感じ。
いたってシンプルですね。
画像

操縦席の様子。
所狭しと各種の計器類が。
画像

そして、こちらは陸上自衛隊で使用されていたヘリコプター。
画像

機内には窓もなく、より一層シンプルに。
画像

それにしても・・・
こうしたフェスティバルなどの開催時には、今や欠かせない存在となったのがこの方たちではないでしょうか。
※近隣各地の“ゆるキャラ”たち。
画像

ちなみに、所沢市の“ゆるキャラ”「トコろん」
「トコろん」は、2010年に市制施行60周年記念事業の一環として、所沢市の鳥「ヒバリ」と、航空発祥の地に因みプロペラ飛行機のイメージから誕生したそうです。
※左から順に、所沢市の「トコろん」、東京都羽村市の「はむりん」、埼玉県の「コバトン」。
画像

なお、「トコろん」の尊敬する人(!?)は「コバトン」とのこと。
「コバトン」のどんな点に尊敬の念を抱いているのかは分かりませんが、ちょっとごますりっぽく感じてしまうのは私だけでしょうか。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
所沢市民フェスティバルとゆるキャラ ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる