ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊佐沼周辺の生き物たち

<<   作成日時 : 2015/06/02 22:44   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

庭のビワの実が色付きだすといち早くヒヨドリがやって来て、ご覧の有様に…
画像

ビワの実は追熟しないので木に生ったまま甘くなるのを待った方がいいのですが、袋かけをしていないせいもあり、毎年ちょっと早めの収穫を余儀なくされています。。。
画像

さて、そんな今日この頃、久しぶりに伊佐沼方面へと足を伸ばしてみることにしました。
※満面と水を湛えた伊佐沼。
画像

「ピルルルルル」というかわいらしい鳴き声が、水面から聞こえてきます。
その鳴き声の主がこちら。
画像

カイツブリです。
潜水の名手として知られ、一旦潜ると、次には全く別の場所から姿を現わすことが多く、何羽もいるような錯覚を起こすことも。
画像

このカイツブリはどうやらつがいのようで、互いに寄り添うようにして泳いでいました。

時おり、「ボチャン」という大きな音がするのですが、音の主はこちら。
画像

ミドリガメの愛称で知られるミシシッピアカミミガメです。
鼻先だけを水面から出して浮かんでいるのですが、何かの拍子に突然反転して大きな音を立てて水中へと潜っていきます。

伊佐沼のすぐ横を流れる九十川では、30cm程に成長したミシシッピアカミミガメが気持ち良さそうに甲羅干しをしていました(^^)
成長すると黒ずんできて、“ミドリガメ”と呼べる色合いではなくなります。
画像

さらに、伊佐沼用水路の方にも行ってみました。
周囲の田んぼには水が張られ、苗が植えられています。
画像

畔道沿いにはピンク色の可憐な花が咲き乱れ、たくさんのモンシロチョウが吸蜜に来ていました。
画像

このピンクの花はアカバナユウゲショウといって、明治時代に観賞用としてアメリカから持ち込まれた帰化植物なのですが、関東以西で野生化しているとのこと。
画像

ちなみに漢字で書くと赤花夕化粧で、午後遅くに開花する赤い花という意味になるそうですが、実際には朝から咲いています

早ければ、今週末にも関東地方で梅雨入りするかもしれないとのことですが、梅雨時期の雨の日には、この辺りでナマズの産卵が見られるんですよね。
今年も、ナマズが無事に育ってくれるといいのですが…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
伊佐沼周辺の生き物たち ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる