ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS うなぎの老舗「いちのや」へ

<<   作成日時 : 2015/10/17 23:17   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

息子の18歳の誕生日を祝って、息子が通う高校の通学途中にあるといううなぎの老舗「いちのや」で食事をすることに。
画像

車で向かったのですが、今日と明日の2日間は川越祭が開催されている関係で交通規制が行われており、40台置けるという「いちのや」の駐車場には車を停めることができず。。。
仕方なく、少し離れた場所にある市営駐車場に車を停めて、歩いて向かいました。
画像

もっとも、予約を入れた18時にはまだ1時間近く早いため、川越祭で賑わう市街を少しぶらついてみました。
画像

メインストリートとなる蔵造りの建物が並ぶ通りには、多くの人が…
特に山車の周囲は、たくさんの人でごった返していました。
画像

人の群れをかき分けて、「いちのや」には17時50分頃に到着。
店員さんに案内されたのは、1階の個室
画像

履物を脱いで上がる畳敷きの部屋でしたが、テーブルとイスがセットされていたので足は楽チンです(^^)

注文していたのは6500円(税別)「桜コース」で、このほかにドリンクをそれぞれオーダーしました。
メニュー内容は以下の通り。
※最初に運ばれてきたのは食前酒の「梅酒」。
画像

※前菜の4品。左から「フォアグラのポン酢ジュレ添え」、「サーモンの毬寿司、カボチャとムカゴ、鴨肉のロースト」、「水菜とイチジクの胡麻和え」、「イクラとヤマノイモ」。
画像

※「松茸の土瓶蒸し」。上品ながらしっかりとしたお味で、まさに絶品(^^)
画像

※「キクラゲと菊の花の酢の物」。
画像

※「タイとハマチの刺身」。
画像

※「鰻巻」。甘過ぎない玉子焼きが絶妙のお味で、出汁が染み込んだ大根おろしとの相性も抜群(^^)
画像

※メインディッシュの「うな重」と「肝吸い」。「うな重」は甘さ控えめのさっぱりとしたお味。
画像

※最後に登場したのはデザートの「芋アイス」。川越らしく、最後はサツマイモに因んだメニューでした。
画像

どのメニューも美味しかったのですが、我がとんび家で評価が高かったのは「松茸の土瓶蒸し」「鰻巻」
ちなみに、個人的には舌がピリピリと痺れるような感じの山椒も私好みです。

お店を出たのは、19時半過ぎ。

例年だと、家に帰ってからみんなでバースデーケーキを食べるのですが、今年は息子の誕生日当日に娘(息子にとっては姉)がタルトケーキを買って来てくれたため、数日前に食べ終えていたんですよね。
※娘が池袋のデパートで買って来てくれた、息子好みのプリン味のタルト。
画像

あまり姉弟仲が良いようにも見えないのですが、弟の好みを娘はしっかりと把握していたんですね。
そのことが嬉しくて、とても温かい気持ちになれました(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
うなぎの老舗「いちのや」へ ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる