ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 妻と娘と3人で一泊二日の日光旅行 〜二社一寺編〜

<<   作成日時 : 2016/08/14 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

9時ちょうどに我が家を車で出発。

三芳PAスマートICから関越自動車道に入ったのですが、入った途端に大渋滞に巻き込まれ、PAから本線に入るまで10分を要し、さらに本線も大渋滞。。。
日光に着くまで一体何時間かかるのかと危惧したものの、鶴ヶ島JCTから圏央道に入ると打って変わってスムーズ。

久喜白岡JCTから東北自動車道に入ると多少の渋滞はあったものの思いの外スムーズで、日光には11時半に到着。

停めようと思っていた市営駐車場が満車だったため、日光カステラの駐車場(1回500円)に車を停めました。
画像

なお、駐車場の利用者には500円券が。
というわけで、ついでに2階のレストランで昼食も済ませることに。
画像

食後、まず向かったのは輪王寺大猷院
大猷院とは徳川三代将軍の家光の墓所のこと。
画像

東照宮に比べると小ぢんまりしているものの、黒と金を多用した造りは重厚そのもの。

次に向かったのが、すぐお隣にある二荒山神社
画像

大きな鳥居を抜けると、参道の脇に“縁結びのご神木”なるものが。
合体しているんですね。
「すきなら(杉楢)一緒に!!」ということで、「縁結びのご神木」になったのだとか。
画像

神苑には“化灯籠”と通称される唐銅灯籠があります。
“化灯籠”の由来は、すぐに油が尽きて火が消えてしまうことや、灯籠で照らされたものが二重に見えたり、または灯籠自体が様々なものに姿を変えたから、などなど…
画像

警護していた武士たちによる刀傷が、唐銅灯籠にいくつも残っていました。
画像

なお、神苑には他に、輪投げ良い縁ハート投げなど、まるで縁日の露店まがいのものも(^^;
画像

二荒山神社の後は、いよいよ東照宮へ。
まず驚いたのは、拝観券を買うためにできた行列の長さ!!
並んでからチケットを手に入れるまで、およそ5分
画像

こちらは有名な三猿・・・!?
ではなく、三猿のレプリカです。
現在、三猿彫刻は塗り直し作業中のため、木製のレプリカが飾ってあるとのこと。
画像

かの陽明門もご覧の通り。
“平成の大修理”の真っ最中でした。
画像

本来なら別料金となる奥宮も、眠り猫などが修理の影響でレプリカでの展示となっていたせいか、無料開放されていました。

奥宮へと至る通路には、これまで見たことがないくらいの多くの人で溢れていました。
“無料のなせる業”なのでしょうか!?
画像

最後に訪れたのが輪王寺の三仏堂
こちらも、修理の真っ最中でご覧の通り。。。
画像

ただ、修理の様子が見られるように、お堂をすっぽりと囲んだ建物に入ることができ、しかも7階まで上がれるので、お堂はもとより日光の街並みまで見渡すことができました。
撮影禁止だったため、その様子をお見せできないのは残念ですが…

二社一寺をかなりの駆け足で見て回り15時半に車に戻ると、その後は一路、湯元にある本日の宿「板屋」へと向かいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
妻と娘と3人で一泊二日の日光旅行 〜二社一寺編〜 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる