ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 菩提樹池と里山の眺め

<<   作成日時 : 2016/12/15 23:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

菩提樹池を訪れたのは約2年ぶり(2014年11月27日分に記載)
周囲は木々に囲まれているのですが、この時季は落葉していて以前に訪れた時よりも少し明るい印象かも。
画像

菩提樹池は小さな川を堰き止めて造られた農業用の溜池で、昭和30年代までは付近の田んぼの水源になっていたとのこと。
菩提樹池自体の水源は、フェンスの向こう側からの細々とした流れ込みのほかに、池の底からも水が湧いているそうです。
画像

日本が高度成長期を迎えた頃を境に、この辺りで稲作が行われなくなったことから農業用水の需要がなくなり、菩提樹池は流れ込む土砂により徐々に埋もれていってしまったのだとか。
画像

現在は、周囲一帯が菩提樹池里山保全地域に指定され、地元の自治会で定期的に池の浚渫等が行われるようになり、景観の保全が図られているとのこと。
なお、菩提樹池から流れ出る小さな川の先には、「菩提樹の田んぼ」として小ぢんまりとしてはいるものの、里山の光景も目にすることができます。
画像

稲刈りがすっかり終わった冬枯れの田んぼですが、水は張ったままなので水生生物なども安心して暮らしていけるのでしょうね。
水の中を覗いてみたかったのですが、畔道は霜柱が融けてぬかるみ滑りやすくなっていたため、それは断念。

アルペンロード(野鳥観察路)という案内のある林の中の小路を歩いて行くと、見晴らしの良い一角に出ました。
画像

「狢入の高台」、あるいは「鶴舞の斜面」と呼ばれている場所で、北西方向に眺望が開け、狭山湖の堰堤をはじめ、その向こうには奥武蔵の山並みが見渡せます。
画像

まだ、13時半を回ったばかりだというのに、木々の影はすでに長くなっています。
今日の日没は16時30分なので、後3時間もたたずに日が暮れてしまうんですね。
昼間が短いことを、あらためて実感。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
菩提樹池と里山の眺め ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる