ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS スジエビ捕り

<<   作成日時 : 2009/10/22 23:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

いつの間にか水槽内にスジエビの姿が見当たらなくなっていました。
水槽のふたの隙間からジャンプして脱走していたり(“干しエビ”(!?)が水槽の裏に落ちていたりします)、ギバチに食べられてしまったりしたためです。

そもそもは、ワンパターンの配合飼料のエサに代わるものとして捕まえてきたものだったのでギバチに食べられるのは予定通りなのですが、先日あんなにいっぱい捕まえてきて(9月27日分に記載)まだ一か月も経っていないのに一匹もいなくなってしまったのには、ちょっとびっくり。。。
魚にとってもまさに“食欲の秋”なのでしょうね。

画像というわけで、またまた伊佐沼に注ぎ込む用水路へと向かいました。

ところが、現地に着いてさらにびっくり!!

ナント、伊佐沼の水が極端に減ってしまっていて、まるで大潮の日の干潮を迎えた干潟のようになっているではありませんか。

蓮の群落の向こうには煙が立ち上っていて、どうやらそこでたき火をしている人がいるようです。
つまり、たき火ができるほどにまで水が干上がっているということなんですね。

画像当然、それに伴って用水路の水量も深さ10cmもない程度にまで減っていて、“お魚キラー”はおろか、タモ網すら使えない状態となっていました。

伊佐沼は農業用水として機能しているため、農閑期になると水の供給を制限するということを、今さらながらに思い出したのでした。

しかたなく、ここからほど近い別の用水路へと行くことにしました。

画像向かったのは、先月中頃に小ブナやドジョウなどをタモ網で捕りに行ったところ(9月12日分に記載)です。

そこも農閑期になると水の供給は減るのですが、ここまで極端に水量は減らないので、以前は冬季でもコンスタントにスジエビが捕れたのですが、今回はどうでしょうか。

期待を裏切ることなく、タモ網を入れるたびに平均して7〜8匹のスジエビが捕れました。

画像時間にして、わずか5分ほどでご覧のとおりの収獲です。

もうすぐお昼ごはんという時間だったので、早々に切り上げて家路に着くことにしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
用水路へスジエビを捕りに行きました
水槽の中が寂しくなってきたので、久しぶりにスジエビを捕りに行きました。 向かったのは、以前あっという間に大量のスジエビを捕まえた(10月22日分に記載)伊佐沼近くの用水路です。 ...続きを見る
ぶらり所沢ニュータウン
2010/01/12 22:22
スジエビを捕まえるつもりだったのに・・・
最近、徐々に水槽の中が(ギバチに食べられて)寂しくなってきたので、“スジエビ(ギバチのエサ)でも捕まえに行こう”と、以前にたくさん捕まえたことのある「伊佐沼近くの用水路」(1月12日分に記載)へ足を運んでみました。 周囲の田んぼには水が入り、植えられた苗がさわやかな風にそよいでいました。 ...続きを見る
ぶらり所沢ニュータウン
2010/06/06 01:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スジエビ捕り ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる