ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉の狭山湖

<<   作成日時 : 2009/11/29 16:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「狭山湖越しに見る紅葉もなかなかいい」という話を聞いたので、自転車で出かけてみることに。
丘陵地帯は自転車の私にとってはかなり過酷で、アップダウンの激しい道を“立ち漕ぎ(いい年して^^;)”しながら、自転車を“降りて押すことなく”なんとか到着しました。
※湖越しに見る紅葉。
画像

画像


画像入口周辺には公園名らしいものはありません。
園内にも「山口貯水池施設案内」といった看板や、水鳥、狭山丘陵の自然、山口貯水池についてあれこれと説明したものがいくつかあったほか、周辺マップなどがあるばかりで、やはり公園名を記した看板などは見当たりませんでした。
湖周辺は「県立狭山自然公園」として自然環境が保全されているので、その自然公園の一部といったところでしょうか。
東屋風の建物やベンチ、テーブルセットなどがあるところなどは、まさに公園そのものです。
駐車場はないようで、園内にはオートバイも入れないような入口の構造となっています。

狭山湖という名前の方がよく知られていますが、正式には山口貯水池といって埼玉県所沢市(一部は入間市)にありながら、東京都水道局が管理する都民の水がめとなっています。
ちなみに都民の水道使用量約4日分(有効貯水量で1952.8万立方メートル)を貯めることができるそうです。
こんな大量の水をたかだか4日で消費してしまうなんて、ちょっとびっくりです。

画像なお、湖水の中ににょっきりと建っているのが取水塔で、一説によれば「ルパン三世 カリオストロの城」のモデルとなったともいわれているようです。
演出を行ったのが所沢在住の宮崎駿さんだったことを思うと、案外事実なのかもしれませんね。

堰堤の両サイドには東屋があります。
※堰堤の南側にある「右岸四阿(うがんあずまや)」。
画像

画像

堰堤自体は距離にして716mあって、途中に3か所、湖側に「展望デッキ」がありベンチが設置されています。
※堰堤上の一番北側にある「展望デッキ」。
画像

もっとも「展望デッキ」からでなくても高さ33.5mの堰堤上は、どこにいても見晴らしは良く、湖の反対側となるダム下の町並みも広く見渡すことができます。
遠くには西武園の観覧車なども見えたりしてなかなかの景観です。
※堰堤上で、北から南の方を向いて撮った写真。
画像

※堰堤上からダム下の町並みを撮った写真。
画像

※堰堤の北側にある「左岸四阿(さがんあずまや)」。お天気が良ければここから富士山も見えるそうです。
画像

堰堤の北側にある東屋から見た狭山湖の北岸は、話に聞いていた通り、なかなかきれいな紅葉が見られます。
もっとも、多聞院(11月27日分に記載)などとは異なり、紅葉目当てに写真を撮りに来ている人の姿はあまり見られません。
写真を撮っている人はたくさんいるのですが、紅葉ではなく鳥の撮影が目的のようです。
高そうな望遠レンズを装着したカメラで撮影している人がほとんどでした。

堰堤の両サイドにある緑地ゾーンには相当数の桜の木が植えられています。
春のお花見シーズンはかなり賑わうのではないでしょうか。
そのころに、また足を運んでみたいと思います。
画像※園内には夏ミカン(じゃないかも・・・^^;)も植わっていて、たわわに実がなっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
緑に囲まれた初夏の狭山湖
午後、自転車で狭山湖近くを通ったので、ちょっと立ち寄ってみました。 秋冬の時期とは異なり、湖岸の森の木々も濃い緑色へと変わっていました。 ...続きを見る
ぶらり所沢ニュータウン
2010/06/01 20:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
紅葉の狭山湖 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる