ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS たわわについたヤマモモの実

<<   作成日時 : 2010/07/06 23:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

ヤマモモは、ジュースやゼリーなどの状態で口にすることはあっても、生のヤマモモの実を食べる機会はあまりないのではないでしょうか。
画像

暖地性の常緑樹のため関東以南でしかうまく育たないようですので、寒い地方にお住まいの方は、生の果実にはなかなかお目にかかれないことと思います。
そんなヤマモモが、我が家からそう遠くないところに街路樹として植えられています。
画像

今の時期は、ちょうどヤマモモの実りの季節
雄株と雌株があり、実が生るのはもちろん雌株の方で、2〜3cm程度の大きさの丸くて赤い実がたわわにつきます。
画像

食べられることがあまり知られていないのか、同じ街路樹でも銀杏のようにあっという間に採取されてしまうことはなく、枝にはたくさんの実が生ったまま。
かなり熟してしまっているものも。。。
画像

路上にも実がたくさん落ちていて、無残につぶされた跡が。
画像

実をもいで口に放り込んでみました。
松ヤニのような風味と甘酸っぱさが微妙に混ざり合って、なんとも複雑な味わいです。
でも、ちょっとクセになりそうな気も。。。
果皮は結構デリケートで、簡単に潰れてしまい、すぐに果汁が染み出してきます。
このため移送するのが難しく、結果的にジュースやゼリーなどといった加工品になってしまうのでしょうね。
画像

ちなみにこのヤマモモの根には、マメ科の植物などと同様に、窒素を固定させられる菌が共生しているため、温かい地であれば土質はかなり痩せていても育つのだとか。
街路樹として植えられるのも、分かる気がしますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
たわわについたヤマモモの実 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる