ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉の多摩湖

<<   作成日時 : 2010/11/27 21:31   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

多摩湖(村山下貯水池)の堰堤の下に広がっているのが狭山公園
※堰堤の高さは32.55mとかなりのものです。
画像

公園の入口近くにある「狭山公園パークセンター(管理所)」には、いかにも手作りといった感じのパンフレットが置かれていました。
画像

公園内には、トウカエデやトチノキの林をはじめ、アカマツの小道などたくさんの木々が植わっていて自然がいっぱい。
※トウカエデも紅葉が美しい木として知られていますが、紅葉度合いはまだまだといった感じ。
画像

その公園の一角に「宅部池(やけべいけ)」という池があります。
別名「たっちゃん池」とも呼ばれているこの池は、なんと心霊スポットとして知られているそうです。
「1925年(大正14年)の夏に『たっちゃん』という子供がこの池で溺れ、それを助けようとした二人の青年も溺れ計三人が亡くなるという事故が発生。それ以来、夜、池に近づくと白い手が水面から伸びてきて池に引きずり込もうとする」のだとか。
※宅部池の本来の水深は7mあるそうですが、池の清掃、外来魚調査のため、水が抜かれていてかなり浅い感じに。。。
画像

もっとも実際のところは、「たっちゃん池」の名前の由来はそんな悲惨なエピソードではなく、単純に「宅部池の“宅”の字を“たく”と読んだ『宅ちゃん池』」あたりが真相という気もするのですが・・・。
※見事に紅葉したカエデが、宅部池の周囲の小道沿いに植えられていました。
画像

堰堤のふもとにはカラー舗装された広々とした道があります。
中学生のとき、学校代表で駅伝大会に参加するためにこの多摩湖の堰堤周りを走ったのですが、当時は土の道で走り難かったことを思い出します。
画像

堰堤の上に登ってみました。
※満面と水を湛える多摩湖(村山下貯水池)。
画像

ところどころに真っ赤に色付いたカエデがあって、多摩湖の紅葉は今がちょうど見頃なのかもしれません。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
多摩湖の紅葉きれいですねぇ。
ワタシも行ってみます!!
とおちゃん
2010/11/28 05:19
自然だー。
たまには都会を離れてこういうところで
背伸びしたいです!!
おいしい空気なんだろうな〜。

きれいな写真ありがとうございます!
かんめ
2010/11/28 21:27
とおちゃんさん、こんばんわ。
お忙しい毎日を過ごされているようですね。
たまには紅葉でも眺めて目の保養をしていただければと思いきや、上戸彩ちゃんでしっかり目の保養をされていたんですね。。。(^^)
ちょっと羨ましいかも・・・。
とんび
2010/11/28 23:33
かんめさん、こんばんわ。
東京の“水がめ”としての機能があるため、湖周辺は開発が禁じられているので、ホントに豊かな自然が残されているんですよね。
特に秋から冬にかけての空が澄みきった日には、湖越しに富士山がくっきりと見えて気分も晴れ晴れします。
でも、湖から吹きつける風は冷たいので、そんな時は“からだポカポカ養生メニュー”を食べて、からだを温めなくちゃですね(^^)
「OZplus」、ちゃんと買って読みますね。
とんび
2010/11/28 23:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
紅葉の多摩湖 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる