ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 難波田城公園

<<   作成日時 : 2011/01/14 23:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

難波田城(なんばたじょう)公園は、中世に富士見市内を本拠として活躍した難波田氏の居城跡地に造られた公園(入園無料)です。
画像

公園名に“城”という字が付いているものの、城は無く、復元された水堀や土塁、木橋などがあるくらい。。。
※難波田城は、三重の堀と土塁に囲まれた平城だったそうです。
画像

園内は大きく分けて、古民家ゾーンと城跡ゾーンに分かれています。
※富士見市内に残されていた古い民家を移築した古民家ゾーン。
画像

古民家ゾーンに移築されている建物は3棟あって、こちらは中でも最も大きい「旧大澤家住宅」
建築面積は278.04平方メートルあって、1871年(明治4年)に建てられたものとのこと。
画像

※土間には竈があって火のついた薪がくべてありました。
画像

※懐かしさを感じる家屋内の様子。
画像

※土間にはお風呂も。
画像

「旧大澤家住宅」と同じ1871年(明治4年)に建てられた「旧金子家住宅」では、竹かごを編んでいる一団の姿が。
画像

「ちょっ蔵」という店名の売店があったのですが、営業日は1・2月の場合は土日祝日だけとのこと。。。
なお売店のすぐお隣には、独楽やけん玉、羽根つきといった昔懐かしいおもちゃが。
画像

城跡ゾーンの一角に建っていたのがこの石碑
※ここが城の中心部で、古絵図には「本城」と記され城主が住んでいたそうです。
画像

資料館もあって、中には常設展示室があります。
※遺跡から発掘されたもののほか、農具や生活文化全般、富士見市内の自然など展示物は多岐に渡っています。
画像

ちょっと面白かったのがこの看板。
画像

“城主”自ら「この水飲むべからず」と断り書きをしているのですが、わざわざ看板を立てなくてもよいのでは・・・
※看板の前にはかなり澱んだ水が。。。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
難波田城公園 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる