ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京都薬用植物園へ

<<   作成日時 : 2012/11/08 22:48   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

東京都薬用植物園は、その名の通り薬用植物をはじめ、染料や香料となる植物、熱帯や寒冷地で育つ植物、そして有毒植物などが見られる入園無料の施設です。
画像

場所は、東大和市駅のすぐ目の前。
とはいうものの、住所は「小平市」「東大和市」ではないんですね。
東大和市駅自体が東大和市の南端に位置しているためで、駅南口は小平市になるそうです。
※東大和市駅を出ると、そこは小平市。
画像

植物園自体は31398平方メートルとかなりの広さがあるのですが、一方の駐車場は停められる台数が10台程度とかなり少なめ。

園内は、「漢方薬原料植物区」「外国植物区」など計14のブロックに分かれています。
画像

カメラを構えている人や、ちょうどお昼時とあって東屋などではお弁当を食べている人の姿も。
画像

普段、雑草として嫌われているオオバコも、民間薬原料植物として栽培されていました。
※こんなに風に育てられているオオバコが見られるのも、ここならでは。
画像

有用樹木として植えられていたの木には、たくさんの実が生っていました。
メジロヒヨドリの姿が多く見られたのですが、動きが速すぎて撮影できず。。。
画像

この東京都薬用植物園でもっとも注目のブロックがこちら。
画像

二重の柵鉄条網監視カメラセンサーなどで厳重に管理された一画の中には、ケシやアサが。
ケシもアサも、「あへん法」で栽培が禁止されています。
※開花期は5月頃とのことで、見えたのは耕された土だけ。。。
画像

「ふれあいガーデン」のブロックには「草星舎」と名付けられたかわいらしい小屋が建っていて、そこでは様々な草木が販売されていました。
画像

園内の北側には雑木林があり「屋外集会場」も。
※「屋外集会場」では薬草教室などが行われるそうです。
画像

こちらのガラス張りの建物は、中に熱帯温室冷房室があります。
※熱帯温室では、バナナやカカオの木に実が生っていました。
画像

冷房室には入ることができず、窓ガラス越しに中を覗く程度。
※寒冷地の薬用植物を栽培している冷房室内の様子。
画像

園内には「薬事資料室」もあって、ここでは各種の乾燥した薬草が展示されていました。
ケシの実からアヘンを造り出す方法やそれらに使われる器材も紹介されていて、ちょっとびっくり!!
ちなみに、展示室には監視カメラも設置されています。
写真撮影など、あやしまれるような行動は控えねば…
というわけで、展示室内の写真は撮れませんでした(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。しばらく忙しくて、更にシステム障害でくじけてブログから離れてました。とんびさんは、そんな中でもしっかりと続けれていらしゃるのですね。
入園無料の東京都薬用植物園の中に、ケシが栽培されているとはビックリですね。本当に管理はしっかりされるべきですよね。とは言っても、私はどれがケシでどれがポピーだから分からないでしょうけど。
ミクミティ
2012/11/08 23:13
立川に行く途中にあるので、私も行ったことがあります(^^)
ケシや麻は、今でも自生しているくらいですから、使い方さえ誤らなければ、本来有用な植物だと思うのですが、あの厳重に管理されている状況をみると、不思議と怪しいオーラを放っているように感じてしまいます^_^
今でも七味唐辛子には、この二つの実が使われているので、面白いですね。
まーく
2012/11/09 06:54
ミクミティさん、こんばんわ。
お忙しいようですね。
でも、お体には充分気を付けてくださいね。

東京都薬用植物園は無料の施設なのにもかかわらず、ケシやアサが栽培されているだけでもびっくりなのに、アヘンの製造方法まで紹介されていたのは、ホントに驚きでした!!
ちなみに、私もケシとポピーの区別はつきません(^^;
とんび
2012/11/09 22:23
まーくさん、こんばんわ。

ケシやアサって、自生していたんですね。
ちょっと考えれば当然なのでしょうが、あの管理体制を目の当たりにすると、なんだか信じられません。
確かに“不思議と怪しいオーラ”を放っているように、私も感じました(^^)

不思議といえば、七味唐辛子に入っていること自体がなんとも不思議な気がします。

余談ですが、妻は振りかけた七味唐辛子の中にアサの実が混じっていると、「当たりが出た」と言って喜んでいます。。。(^^;
とんび
2012/11/09 22:36
おはようございます
昨年の今頃 私も東京都薬用植物園へ行きました。
友達が説明ボランティアをしているので 説明
を受けながら 楽しめました。
武蔵野の面影も残っていていいところですよね。
今度は春に訪ねてみようと思っています。
primrose
2012/11/17 07:07
primroseさん、こんばんわ。
きちんとした説明を受けながらだと、理解が深まるだけでなく、より興味も高まって楽しめますよね。

私は今回初めて訪れたのですが、無料の施設とは思えないほどの充実ぶりに、かなりちょっと感動しました!!

四季それぞれに楽しめるのでしょうが、今度はケシの花が咲く5月頃に訪れてみたいと思います(^^)
とんび
2012/11/17 22:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京都薬用植物園へ ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる