ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS パンも麺だった!?

<<   作成日時 : 2014/01/20 23:02   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

お昼は娘と二人で「自家製うどん 久兵衛屋」に行きました。
注文したのは、私も娘もミニ天丼がセットになった「つけ汁うどんランチ(並盛)」(724円)をチョイス。
画像

なお、「ドリンクバー」単品で注文すると189円ですが、セットでオーダーすると105円とお得になるため、合わせて注文しました。

うどんのつけ汁は、「肉汁」「塩肉汁」「きのこ汁」「鶏きのこ汁」の4種類から選べ、娘は「塩肉汁」を、私は一番人気の「肉汁」をチョイス。
※左が娘が選んだ「塩肉汁」で、右が私が選んだ「肉汁」。
画像

麺も、冷水で締めた「もり」、温かい「温もり」、アツアツの「釜揚げ」の3種類あって、私も娘も「もり」を選びました。
※コシがあって噛みごたえのある美味しい麺。
画像

ちなみに、麺の量も「並盛(400g)」のほかに「小盛(250g)」(672円)「大盛(600g)」(829円)「特盛(800g)」(934円)「メガ盛(1kg)」(1039円)から選ぶことができます。

「肉汁」はかなり濃いめの醤油味で、ほんのり甘みがあります。
麺が太く噛みごたえもあるので、このくらい濃いめの味付けの方がいいのかもしれませんね。
※つけ汁は案外具だくさんです。
画像

ミニ天丼の天ぷらは、レンコンカボチャオクラナスの4品。
エビやイカといった魚介類の姿は見られません。。。
画像

ところで・・・
皆さんが“麺料理”としてイメージするものは何ですか?
「うどん」「そば」「ラーメン」などなど。
人によっては「パスタ」も含まれるかもしれませんね。
でも、「パン」をイメージする人はほとんどいないのではないでしょうか。

「麺」を“ひも状の食べ物”と考えていると、まず「パン」は出て来ないですよね。
実は、かつて「麺」とは“砕けた麦のこと”を差していたそうで、つまり原料の小麦粉を意味する言葉だったのだとか。

中国では「パン」のことを「麺包」といい、まさに「麺」の痕跡を留めていると言えそうですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パンも麺だった!? ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる