ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 滝の城址公園の“春の妖精”

<<   作成日時 : 2014/03/16 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の所沢は、最高気温が16.4度4月上旬並みの暖かさ。
そんな中、滝の城址公園を訪ねてみると…

池の畔では、太公望たちがのんびりと釣り糸を垂れていました。
画像

昨年の今頃は、池にはたくさんのヒキガエル(2013年3月9日分に記載)が、その姿に似合わないかぼそい声でケロケロと鳴いていたんですよね。
恋の季節を迎えていたようで、あちこちで恋の駆け引きが行われていたのですが…

梅園はちょうど今が見頃。
辺りにはかぐわしい香りが漂っていました。
画像

公園の北側は小高くなった斜面で、一帯は木々や竹などで覆われ、その中を散策路が設けられています。
画像

登った先には、一休みできるような一角も。
画像

林床に目を凝らすと、落葉の隙間から姿を覗かせていたのがこちら。
スプリングエフェメラル(※)として知られ、埼玉県では準絶滅危惧種に分類されているカタクリです。
まだ花は咲いていませんが、来月には見られるようになるのでしょうね。
画像

そして、こちらはヒロハノアマナ
カタクリ同様にスプリングエフェメラルとして知られていますが、ヒロハノアマナはカタクリよりさらに絶滅の危険性が高い絶滅危惧2類に分類されています。
画像

ちなみに、カタクリはもちろんのこと、ヒロハノアマナも食用になるそうです。
絶滅の危険性がある植物を食べる気には、とてもなれませんが…

林を抜けた先の崖の突端には、城山神社があります。
城山神社が建っている場所は、かつて滝の城の本丸があった場所で、かなりの見晴らしが楽しめます。
画像

とはいうものの、今日は春霞がかかったような感じ(PM2.5かも!?)であまり遠望は利かず。。。
画像

ここからほど近い場所に枝垂れ梅で有名な民家があるので、帰りに立ち寄ってみました。
次から次へと人がやって来ては、グループでスナップ写真を撮りあったり、三脚をセットして本格的な撮影をする人がいたりして、ちょっとした観光地と化していました。
画像

それにしても見事な枝垂れ梅で、今がちょうど見頃のようです。
所有者の方にはホントに感謝ですね。
画像

(※)スプリングエフェメラル:春先に花を咲かせ夏まで葉をつけると、その後は地下で過ごす草花で、“春の妖精”などとも呼ばれています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
滝の城址公園の“春の妖精” ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる