ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 一年のうちで降水確率がもっとも低い日はいつ?

<<   作成日時 : 2014/12/25 20:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

1978年から2013年までの36年間で所沢での日別の降水状況をみると、12月25日は過去に1日しか雨(もしくは雪など=以下同じ)が降っていないんですね。
これを降水確率で表すと、わずかに2.8%!!
※航空記念公園の様子。今日もよく晴れています。
画像

一般に、「晴れの特異日」として知られているのが「文化の日」11月3日ですが、こちらは36年間で雨が降った日数は6日で、降水確率は16.7%
「文化の日」は「クリスマス」より、雨が降る確率が約6倍も高くなる計算になります。
※彩翔亭には素朴でかわいらしいトナカイとそりが。
画像

もっとも、所沢の平均降水確率29.9%であることを踏まえると、「文化の日」も十分に“雨が降りにくい日”といえるのでしょうが…

そんな、雨が降りにくい12月25日よりさらに降水確率の低い日が、調べてみたらありました。
それが、なんと「元日」1月1日でした!!
※竹林越しに所沢市役所の合間から覗く青空。
画像

「元日」は、過去36年間で1日も雨が降っていません
つまり、降水確率は0%です。
ただし、雨が降っていないというだけで、必ずしも常に晴れていたというわけではないんですね。
「初日の出」を拝めなかった年も、これまでに何日かありましたし。。。
※所沢市役所の8階にある展望ロビーからの眺め。目の前には航空記念公園が広がっています。
画像

ところで…
天気予報で降水確率「0%」と言う場合、「ゼロパーセント」とは読まないということをご存知でしたか?
あえて、「れいパーセント」と読むそうです。

その訳は、“ゼロ”だと「全くない」という意味があるのに対し“れい(零)”には零細企業などのように「極めて小さい」という意味があるからなのだとか。
※東の方には、東京スカイツリーがうっすらと見えました。
画像

そもそも降水確率は10%刻みで発表され、その間の数値は四捨五入されています。
従って、降水確率0%というのも“0〜4%の確率で雨が降る”ということになるんですね。
また、降水量が1mm未満の場合は、降ったうちに入らないそうです。

なんだか、予報が外れた場合“言い訳”に聞こえなくもありませんが…(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
一年のうちで降水確率がもっとも低い日はいつ? ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる