ぶらり所沢ニュータウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 蝉時雨の航空記念公園

<<   作成日時 : 2015/08/23 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の所沢はどんよりと曇っていて、夕方からは小雨がぱらつくあいにくのお天気。
所沢図書館の帰りに、少しだけ航空記念公園内を歩いてみました。
画像

日曜日だというのに、あまり人出は多くありません。
今にも降ってきそうな、この空模様のせいかもしれませんね。

とはいえ、しばらく歩くと、たくさんの人で混雑している一角が。
フリーマーケットが行われていました。
画像

出展商品を見ると、レジャーシートの上にまるで洗濯物(それも洗濯前の状態…)のように雑然と置いて販売しているものから、ハンガーラックを用意して、それぞれの商品に値札タグまで付けて売られているものまであって、展示方法は様々。
画像

特に欲しいものもなく、フリーマーケットが行われていた一角を通り過ぎると、あちこちから聞こえてくるのはセミの鳴き声

アブラゼミが全体の約6割を占め、3割がミンミンゼミ、残りの1割がツクツクボウシの鳴き声といった感じです。
画像

公園内には多くの木々が植えられているのですが、とりわけセミの姿が多く見られたのはの木。
画像

子供の頃は、虫捕り網でセミを捕まえたものでしたが、捕り損なって逃げ際におしっこをかけられたこともしばしば…(^^;
もっとも、おしっこの成分は余剰水分や消化吸収中の樹液で、不衛生なものではないそうですが。

そんなセミですが、案外簡単に素手で捕まえることができるものなんですね。
アブラゼミを捕まえたら、しばらくは翅をばたつかせていましたが、そのうちに大人しくなりご覧の通り。
画像

ミンミンゼミも同様で、“手乗りセミ状態”に。
画像

ちなみに、オスとメスの違い腹部を見ると一目瞭然です。
こちらは、メス。
画像

そして、こちらはオスです。
オスは、腹弁が付いています。
この腹弁の開閉具合を調節することで、より大きな鳴き声が出せるのだとか。
画像

桜の幹をしげしげと見て回っていたら、毛虫が。
モンクロシャチホコの幼虫です。
画像

このモンクロシャチホコの幼虫は“サクラケムシ”とも言われ、桜の大害虫として嫌われています。

そんな“サクラケムシ”ですが、食べて美味しい昆虫として一部の昆虫食マニアに人気なのだとか。
口に含むと桜の香りがふんわりと漂い、見た目とは裏腹に上品なお味が楽しめるそうです。

昆虫食というと、今の日本ではイナゴ蜂の子ざざむしくらいしか見なくなりましたが、世界を見渡すと食料品として流通している地域がまだまだあるんですね。

なかでもセミは、イナゴ(バッタ類)同様に美味しい昆虫ということで知られているとのこと。
特に、セミの幼虫はナッツ類のようなコクがあって絶品だそうです。
絶品とまで言われると、ちょっと食べてみたい気も…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蝉時雨の航空記念公園 ぶらり所沢ニュータウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる